スポンサードリンク

2020年7月3日 更新

コスパ重視!銀塩写真仕上げフォトブックランキング

高級感があってキレイで長期間品質が変わらない、写真仕上げのフォトブックを作りたい

 

という方におすすめしたいのが銀塩写真仕上げのフォトブックです。

 

銀塩写真仕上げとは?

フォトブックの印刷方法は大きく分けると「印刷仕上げ」と「銀塩写真仕上げ」があります。

 

印刷仕上げの場合は使用するプリンタによって仕上がりが全く違うもので、明らかに粗雑な印象の仕上がりになる場合もあれば、とてもキレイな仕上がりになる場合もあります。
銀塩写真仕上げの場合は昔ながらの写真と同じ仕組みで仕上げられるものです。

 

わかりやすく言うと・・・

 

  • 銀塩仕上げ⇒光に反応して発色する乳剤とい薬品が塗られた銀塩ペーパーを現像してプリントする
  • オンデマンド印刷仕上げ⇒インクを乗せて発色させてプリントする

 

つまり、写真データの色を再現する方法に違いがあります。
人物の肌色や風景などの淡い色合いを再現する場合は銀塩写真仕上げが良いと言われていますが、実際には人によって好みがあるため耐久性やコストなどを比較しながら検討することをおすすめします。

 

⇒7色印刷で美しい発色を実現!「キャノンドリームラボ」を使用しているフォトブックコスパランキング

 

ランキングは1ページあたりの単価が安い順に決定しています。

 

フジフィルムの特徴
  • サイズ:【こだわりタイプ】152×152
  • カバーの種類:リング
  • ページ数:15ページ
  • 送料:宅配便540円(写真店、コンビニ受け取りは無料)
  • 納期:7日後
価格
1,285円より
評価
評価4
備考
86円
フジフィルムの総評
銀塩写真仕上げといえばフジフィルム!リング以外にもハードカバーでも作成できます。自分好みに作成できるこだわりタイプ以外にも簡単にシンプルに仕上げる方法もあります。
DPE宅配便・らくらくフォトブックの特徴
  • サイズ:160×160、197×138
  • カバーの種類:ソフトカバー
  • ページ数:10ページ
  • 送料:クロネコDM便150円、宅配便540円
  • 納期:6〜10日後
  • オプション:2ページ追加150円
価格
1480円より
評価
評価4
備考
148円
DPE宅配便・らくらくフォトブックの総評
ソフトカバー以外にもハードカバーのフォトブックも作成可能です。とにかく簡単にフォトブックを作成できるのが特徴で、品質の高さにも定評があります。
フジフォトアルバムの特徴
  • サイズ:210×297、182×257、210×210
  • カバーの種類:ハードカバー
  • ページ数:8ページ
  • 送料:900円
  • 納期:約3週間
価格
2,480円より
評価
評価4.5
備考
310円
フジフォトアルバムの総評
高級感のあるフォトブックにこだわりたいならイチオシのサービスです。銀塩写真仕上げの美しさとハードカバーの重厚感を楽しめます。若干納期がかかるので余裕を持って注文することをおすすめします。
スポンサードリンク

TOPへ